想像の覚書

自分による自分のための忘備録です。

05 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 07

プロフィール

近道

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

最新記事

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

Site Policy

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

インタリオの削れ 

遙か昔、カシを貯めるためウエノでプラズマハントを延々とやっていた頃、
元気な外道達に絡まれないよう夜間はケルベロスに騎乗していました。
単調なプラズマ作業のなかで気になっていたのがどうすればインタリオの削れを少なくできるかという事。

移動と方向転換で耐久が減ると公式情報で見た記憶があって、プラズマをやる時は例えば3個のプラズマが比較的固まって湧いてる場合は真ん中のプラズマをクリックして移動し、残りの2個は真ん中の場所から移動せずに分かり合うようにしてできるだけ移動と方向転換をしないように努力してみたりとか色々やってました。

※耐久の減少についてざっと検索してみるとwikiなどには書いてありますが、公式情報では確認できませんでした。アップデート情報のどこかに書いてあるかもしれませんがそれを探す気力は出ず、、、
とりあえず大型アップデートのティザーサイトや初心者ガイド、アイテムショップやゲーム内アイテムの説明テキストでは見つけられませんでした。

その努力の効果がどれくらいのものだったのかは全く分からずに今では騎乗してプラズマをやることはほとんど無くなったわけですが、最近プラズマ関係の記事のことを考えたときにその事を思い出してしまいました。

ということで、いまさらながらインタリオの削れ具合を確認する簡単なテストをしてみました。
きっちりと検証できる良い方法が思いつかなかったので少し適当ですが、結論に間違いはないと思います。
確認方法

削れ確認テストをした場所はスギナミフィールドで、下のマップの赤い枠内に示してある黄色線のジグザグっぽい部分を利用してみました。
この辺りでスレイプニルに乗った挙動不審なキャラを見かけたとしたら、それはわたくしでございました。

インタリオテスト-確認場所


もう少し細かく見ていくと、マップの西側(左の橋の近く)の矢印で示した位置をスタート地点(A)として、東側(ジャンカーマンに下る坂の途中)の矢印で示した位置(中間地点B)まで移動し、そこからまたスタート地点Aまで戻るルートです。
目印にしたポイントは、マップの罫線の破線の点(黄色く色を付けている点)です。

■インタリオ削れ確認テストのルート
インタリオテスト-確認ルート

このルートを移動する場合に、①方向転換を多用するけど移動距離は最短(自動移動)の場合と②方向転換が少ない(手動移動)場合でインタリオの削れにどれくらい差が出るかを確認しています。
ちなみにインタリオは修理したてのものを使い、それぞれのルートで2回ずつ確認しています。


①自動移動の場合
スタート地点に立って騎乗したあと、中間地点Bをクリックして完全自動移動。
中間地点Bに到着後、スタート地点Aをクリックして完全自動移動。
下のマップの赤○部分の角をぐりぐり方向転換しながら移動します。
おそらくスタート地点から中間地点までの方向転換回数は8~9回と思われます。少なくとも手動移動の場合より2倍以上は方向転換をしていることになります。
※視点切り替えが滑らかなので分かりにくいですが思ったより方向転換はしてないという印象ですね。

②手動移動の場合
スタート地点に立って騎乗したあと、キーボードで移動し下のマップ中の紫○または緑○の部分の4箇所でのみ方向転換します。
当然、最短距離を走ることはできず、自動移動の場合と比べて少しだけ遠回りをしてしまいます。
なお、緑○の方向転換地点は、往路の時は右側の緑○(X)で、復路の時は左側の緑○(Y)地点でそれぞれ中間地点B、スタート地点Aをクリックして自動移動で方向転換することを示しています。これはキーボードによる移動だとスタート地点A、中間地点Bに精度よく移動できないので、自動移動、手動移動でずれが大きくなるのを防ぐための措置です。この1往復中2回の方向転換以外は全て視点切り替えとキーボードによって方向転換をしています。
また、ジャンカーマンの坂へ入る角の部分は自動移動だと岩壁と瓦礫の間を通りますが、手動移動でその隙間を上手く通るのは難しそうだったので、手動移動の場合は瓦礫の外側(北側)を回っています。

■自動移動ルート(方向転換:多/移動距離:短)■手動移動ルート(方向転換:少/移動距離:長)
インタリオテスト-自動ルートインタリオテスト-手動ルート




確認結果

自動移動の場合、ほぼ1往復半した中間地点の目前でインタリオが1削れました。
それに対して手動移動の場合、1往復が完了し2往復目に入って最初の方向転換ポイントに着く前にインタリオが1削れました。
この削れが発生した地点は2回試して2回ともほぼ同じ地点でした。
と言うことで、自動移動の方がインタリオの削れが少なく、同じ耐久値でより長い距離を移動できる結果となりました。

※証拠の動画も撮ってますが、zoomeが無くなった今、良い移転先を模索中ですので動画のUPは無しです。

■自動移動ルートの結果(約1.5往復)■手動移動ルートの結果(約1往復)
インタリオテスト-自動結果インタリオテスト-手動結果
※出発点が最初に示したスタート地点とずれてますが、これは騎乗していない状態でスタート地点Aに正確に立つ事が難しいので、実際にはスタート地点Aの近くにあった立木の位置を一番最初のスタート地点としたためです。

仮に方向転換の影響度が非常に大きい場合、インタリオの耐久値1分で移動できる距離は、手動移動の方が長くなるか、もしくは手動移動と自動移動とであまり差が出ないだろうということが予測できます。
今回のテストではそれが実際どうなるかを確認してみたということになります。
正直なところ、手動移動で余計な距離を走った分の削れは方向転換回数の削れで相殺されてあまり差がでないと思ってたんですが、予想以上に走れる距離に差が出ました。

移動距離の絶対値を測ったり、移動距離が全く同じで方向転換の回数だけ変えるという状況が作り出せないので「1回の方向転換がどれくらいの距離に相当するか」といった厳密で定量的な検証結果は出せていません。
(プロトピアみたいに床にマス目状の線とかが入ってる場所を上手く使えば確認できるのもかもしれませんが、それをやるとなるとちょっと気が滅入りそうな予感がするのでスルーしてます。。)

なので、手動移動と自動移動で走る距離にどれくらい差があるのかは確認できてないので正確ではないですが、感覚的には『手動と自動で移動できた距離の差(結果の差)』≒『手動と自動のルートの距離差』で、方向転換の影響はほとんど無いという感じです。これからすると、インタリオの削れに影響する要因としては、
移動距離>>>>方向転換回数 と言って良さそうです。

※その場でぐるぐる回り続けるだけでもインタリオの耐久は減るので「方向転換の影響はゼロ」ということはありません。タクシーで距離とは別に時速○km/h以下の時間が○分間累積すると1メーター上がるというのに近い感じだと思います。


つまり、方向転換をできるだけ少なくするように頑張って手動で移動するよりも、おとなしく自動移動で最短距離を走った方が削れが少ないということになります。

今回のテストで走ったルートは、1往復で第3ホーム~ナカノ間の約1/3、1.5往復で同約1/2くらいだと思うので、第3ホーム~ナカノ間を自動で移動した場合はインタリオの耐久が2、手動で移動した場合は耐久が3削れるくらいだと思います。
これは結構な違いだと思いますがどうでしょうかね~?

まー、とりあえずこれで安心して自動移動に身を委ねられます♪

関連記事
スポンサーサイト
その他  :  trackback 0   :  comment 2  : 

コメント

インタリオは削れ早いです・・。
自動移動は便利なのでよかった♪

タクシーのメーターはわかりやすいたとえで納得しました。

それで・・。
検証中は例の帽子はかぶってくれてたのかしら。
ここも。気になります。
2011.11.26 Sat 13:29 : URL : つきはみ #o4td/SCA : 編集 :

つきはみさんへ

タクシーにしょっちゅう乗ってるセレブということで納得しました。
レイのボウシ・・・
霊の防止ですね^^
変な霊が憑かないようにお祓いとかはちゃんとしてます^^

インタリオの削れについてはもう一歩踏み込んだ検証をする予定です。
プランは出来てるのであとは実行してとりまとめるだけですね。
実行するのにえっらい時間が掛かるのは仕様です。
2011.11.26 Sat 21:12 : URL : 管理人 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://pumsco.blog72.fc2.com/tb.php/114-6fd56ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。