想像の覚書

自分による自分のための忘備録です。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

プロフィール

近道

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

最新記事

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

Site Policy

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

たまには、カグラザカ朱雀洞(金) 

こういうトレンドに乗っかった記事は今まであまり書いてませんが、悪魔検索プログラムの新着ブログニュースが「カグラザカ朱雀洞(金)」という文字であまりに埋め尽くされまくっていたのに触発されて、先ほどフレに拉致されて初めて1周だけ行ってみたのもあってちょっと記事書いてみます。
といってもガッツリ回る時間も余裕もないので真面目な検証系の記事ではなくて、さっさと寝ればいいのに眠い中少しぼ~としながら書いた妄想色の強い内容です。



中に入って適当に進んだのですが、道中で複数回出ることもあると噂を聞いていたスサノオは1回出ただけでした。
歩き回ったルートを一応UPしようかと思ったのですが、MAPのSSをまともに撮ってなかったのと画像の加工が面倒だったので省略。


あと、回ってるなかで若干気になった点。



1.ボス部屋の壁の模様

カグラザカ金ボス部屋の模様

なんか、こんな光る点とかあったかな・・?という感じ。
1周しかしてないのに何となく気になったから、という理由で再度の確認もせずにこれを貼るのは普段ならあり得ないのですが、眠いのでまぁいっか。というノリで貼ってます。
何かのフラグによって、点の数が違ったりするかな・・?



2.彷徨う魂のセリフの違い

1層目には彷徨う魂が2体居ましたが、片方は「失い、失い、失った…。」、もう片方は「奪われ、奪われ、奪われた…。」と言っていました。
まぁこれはあんまり攻略には関係無いと思うのですが、どういう意味?意図?があってセリフに違いを付けたのかなー?というのが気になっただけです。血鶴の詩集1(締殺すのやつ)に似てるかも・・?

カグラザカ金彷徨う魂(失い)カグラザカ金彷徨う魂(奪われ)




3.分岐の床石版と黎明

1層目に乗るとこんなの↓が出る床石版がありました。
カグラザカ金床石版選択肢

最初は装置がうまく動かないと言われ全て選べませんでしたが、彷徨う魂に話しかけると、下の2段(火ノ天社は除く)は選べて移動できるようになりました。

乾の翼
艮の翼
坤の軫
巽の軫

何となく使われている言葉が気になったので得意のウィキペディアとかでさらっと見てみると、

まず、乾(ケン)、艮(ゴン)、坤(コン)、巽(ソン)の4つは八卦のようです。
(乾兌離震巽坎艮坤のうちの4つ)タリスマンでも八卦ダイスがありますね。

八卦には、太極→両儀→四象→八卦という万物の生成過程の概念があるようで、太極からは「陰」と「陽」が生まれるという事になってますが、この陰陽のマーク(陰陽太極図)が今回実装されたタヂカラオのベルトのバックルとか首飾りに使われている勾玉と似てます。何か関連づけられてるんでしょうかね?

陰陽太極図は、御魂2体がお互いをクルクルと追いかけ合ってるようなマークで、一度はどこかで見たことあるマークだと思います。
八卦ダイスの見た目もそのマークだったりするし、実はプロトピアにもこれをモチーフにしたと思われるマークがあります。それが下のSSの垂れ幕に付いてるマークなのですが、

プロトピア陰陽

これは「中立」や「公正」といったプロトピアの思想を水平に保たれた天秤で象徴し、それを陰陽太極図と組み合わせたものであると推察されます。


八卦図には後天図と先天図の2種類あるようでしたが、眠いので違いがよく分かりませんでした。
ただ、八卦は8方位に対応しているようで、乾、艮、坤、巽を和訓で読むとそれぞれ
乾 → いぬい(戌亥) → 北西
艮 → うしとら(丑寅) → 北東
坤 → ひつじさる(未申) → 南西
巽 → たつみ(辰巳) → 南東
となるようですね。
ということで、この部分は各選択肢を選んだ時に飛ばされるMAPの転送先の位置を示しているようです。
上二段の乾と艮は選べるようになったら、それぞれMAPの左上、右上辺りのどこかに飛ばされる事になりそうです。
デビルサマナーでカーサ乾って出てきましたけど、まぁそれはきっと関係無いでしょう。

次に、翼と軫ですが、これはたぶん二十八宿関係と思われます。
二十八宿は、天球の区切り方のひとつで、天球を28のエリアに区分し、区分の基準となった星座をも示すものです。二十八宿では28に区切ったエリアを4つに分類し、これに四象つまり四聖獣を割り当てています。
この天球の区分関係はイマジンでは他に太微垣、紫微垣、天市垣とかの三垣(天球を3つに区分する考え方)と、奎宿二、婁宿一とかの西方白虎とか魂合石の名前で出てきてます。
この二十八宿の四象のひとつである南方朱雀の区分の中に、翼と軫という星宿(星座)があります。
なるほど朱雀洞なので当然の流れという感じですね。南方朱雀には他にも井、鬼、柳、星、張という星宿があるので、未実装部分に関連して何かこれらの名称が付けられたものが出てくるかもしれません。

そして、道中の敵は、「黎明の」と「貪婪たる禍鬼」という冠名の敵が多く出てきます。
黎明の~は、最初、ダーキニーとかカーリーとかブロブとか氷結に弱い敵ばっかりだったので、黎明の剣との関連で氷結弱点のやつばっかりかと思ったら、後からドゥンとかトゥルダクとかそうじゃない敵も出てきたのでまぁ関係ないんでしょうね。
それよりも、黎明と言えば「夜明け」。ウィキペディアによりますと、
【日本の暦では古くは明け三つ時といわれ5時から7時くらいの時間帯であった】とのこと。
この5時から7時というのが、アナログ時計で見立てるとちょうど南の方向となる時間帯で、「南方朱雀」と方角的な繋がりも見て取れます。
そして、朽縄修験窟のセイリュウの例もあるので、また同じようにゲーム内時間が何かに関係している可能性もあるなーと妄想がピークに達してこれ書いたところで眠気的に限界が来たのでこれで終わりにします。




関連記事
スポンサーサイト

コメント

一周しただけでこれだけ書く内容がうかぶとは・・・さすがとしかw

転送機の選択肢とか私は意味とか考えずに
上から三番目 は 左側 4番目は 右側 という認識しかありませんでした
そもそも読めない字って と文字というより記号 のような認識になるというかそんな感じでw

黎明の は
黎明 という言葉から 黎明期 みたいなのを連想して
ネタ的に スサノオとかアマテラス(第2弾だけど)とか 日本の黎明期(?) みたいな そんなイメージの冠名なのかなー とかぼんやり思ってるくらいでした

じゃあ 今度は 6:00ぴったりとかあったりしてw

プロトピアのマークとかよく気がつきますね~w
意識したことも無かったです
2013.02.21 Thu 15:13 : URL : ルシェ #- : 編集 :

ボス部屋の扉の模様は、恐らく変わってないものと思います。
銅の方でスザクに出会えなさすぎて頭があまりに暇になったため、スザクが出たら上部の空白部分や斜め上やらに模様が増えて鳥の形になるんじゃないか!?などと観察しながら回っていましたのでよく見慣れた形かと思います。
もちろん未だに出会えておりません・・・!
これも確認せずコメントしてますので大変恐縮ですが(笑)

山羊屋も話を聞くと意味深なことを言っていますね。
話しかけるタイミングによっては内容が変わるようです。
2013.02.21 Thu 20:44 : URL : あろん #u5ySS/xU : 編集 :

ルシェさんへ

なんというか、ちょっと調べてみたら意外と内容を掘り出せた、という感じです単に。
今日、カグラザカ金に関連することをもう少しだけチラッチラッと調べてみたんですけど、
今回はかなり徹底して「南」「スサノオ」に拘って色んなもの実装したっぽい感じですね。

あまりにも読めない字はそんな感じですよw
ちなみにキャラ名でもイメージで適当に読んでて実は違ってた、というのがたまにあります。

黎明に関してはそういう意味がある可能性も十分ありえますよねー。
イメージというかシチュエーションとしては違和感ないですもんね。
貪婪の方は単純に同じダンジョンなので銅のレギオンとかとの繋がりも一応持たせとこうみたいな感じかなと思ってますが、第二弾の時にまた新しい冠名とか出てくると別の考えが浮かんでくるかもですよ。

プロトピアのは前から気付いててネタとして持ってたのをチャンスとばかりに出しただけですw
今回突然気付いたわけじゃないです。まぁ天井の方って、見ることあんまりないですもんね。


あろんさんへ

模様というか、5つの光ってる部分が付いてるか付いてないか、みたいな感じだったんですよね。
今日、誰か別の人のブログでヤマタノオロチが出る部屋のSSを見たんですけど、同じ模様の壁が
写っててそれは光ってる点が無いように見えたのでキタコレ!!と思ったんですけど勘違いですかね~。

ところでこの模様、個人的には既にこの状態で鳥のようにも見えるんですけどどうでしょう?
全体じゃなくて部分的になんですけどね。飛んでるのを正面から見てるのと、枝にとかに留まって
るのを横から見たのと2とおりに見えてます。
ちなみに手塚治虫の火の鳥みたいな鳥に見えてます。

あ、そう言えば手塚治虫の火の鳥には黎明編もありますね!
まさかそれに何かのヒントがあったりして・・
2013.02.21 Thu 22:41 : URL : 管理人 #- : 編集 :

確認して来ました!
やはり、銅の扉はこちらのSSのものといっしょですね。
オロチの部屋はボス部屋ではないので、普通の道中の扉のようです。
あと、ボス部屋の音楽も銅とは違っていたりします。
2013.02.23 Sat 22:44 : URL : あろん #u5ySS/xU : 編集 :

あろんさんへ

わざわざ確認してきてくれたんですね。ありがとうございますあろんさん。
そもそもダンジョン回ってる時点で既に結構眠かった中で、なんかちょっと気になるなー
程度のことだったので、なんの確認もせずに載せるもんじゃないなと思いました。

音楽違うのは気になりますね。
金と銅は同じだと思ってたんですけど、違うならあと聞いてないのは多分スザク洞銅だけです。
今のところボス部屋の音楽はスギのが一番お気に入りです。
2013.02.24 Sun 16:55 : URL : 管理人 #- : 編集 :

スサノオ3体倒せた&なぜオロチ部屋の扉がぽちがないのか分かったのが嬉しすぎたため報告させて頂きました(笑)
銅はですね、図南鵬翼が500個集まったので、銅でスザクが必ず出るなーんてことはないのかなーと思い行ってみたのです。
ざっと見た感じ、何か変わってるところは見つけられませんでした・・・レギオンが出ました・・・。
2013.02.25 Mon 20:20 : URL : あろん #u5ySS/xU : 編集 :

博識ですね・・凄いです
そこまで深く考えずに適当に選択肢を選んでいた私は駄目ですねw
2013.02.26 Tue 19:28 : URL : 有紀(にゅー) #- : 編集 :

あろんさんへ

きっとそのスザクへの貪欲な想いが銅のレギオンを金の貪婪たるレギオンに昇華させているんです。
あろんさんが銅でレギオンを倒した分だけ金のレギオンが増えるという・・まさに悪夢ですね。
復活と再生を象徴する不死鳥と同一視される朱雀になぞらえたような、そんな妄想にふける子二つ刻でした。


有紀(にゅー)さんへ

いや、、
調べて出てきた話を書いてるだけなのでそんなことはないですよ~。
何も見ずに即答できるくらいなら博識ぶってドヤ顔してると思いますがw
まぁ、余計なこと考えすぎて逆に混乱することだって多々あるので適当がダメってことはないでしょう!
2013.02.27 Wed 23:54 : URL : 管理人 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://pumsco.blog72.fc2.com/tb.php/149-56e2cc76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。