想像の覚書

自分による自分のための忘備録です。

04 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 06

プロフィール

近道

検索フォーム

カテゴリ

最新コメント

最新記事

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

Site Policy

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  :  trackback --  :  comment --  : 

えちごの旅 その3(終わり) 

今回の旅ではやたらとあやめという文字が目につきました。(もう病気かもしれません。。)

菖蒲庵 パンフ
あやめポッポ幟 あやめコンクリ

菖蒲庵の読みは「あやめ」ではなく「しょうぶ」だったみたいでしたけどね。
観光パンフに出てた五十公野(いじみの)公園は春には60万本のあやめが咲くそうです。
そのほかあやめ祭りやあやめの湯もあるみたいで本格的にあやめが堪能できるみたいです。
よーく見るとクオーツまんじゅうもあるみたい。

ちなみにB級グルメの決定版!ポッポ焼きとはこんなもの。
ポッポ焼き

これを売ってるところを2ヵ所見かけたんですが両方とも9本300円が一番少ない量でした。
安いとはいえ最低9本はちょっと多いんですけど。。
しかもこれ飲み物なしで食べると口の中の水分が無くなってかなり苦しいです。

コンクリートは・・・ いったい何なんでしょうね?
もっとも謎な組み合わせです。


今回の新潟訪問は観光目的の旅行ではなかったので、
約1週間も居たとはいえいろ~んな所に行くことはできませんでした。
そんな中でのこの「あやめ」遭遇率はなかなかに高いですね!

あやめはたまたま目についただけですが、その他にもゆっくりと
時間をかけて行ってみたいと思うところはたくさんあったので、
もしまた行く機会があれば今度はまったりと新潟を堪能したいなー、と思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

ぽっぽ焼きは蒸気パン、とも言うらしいです。
下越地方では知らない人はいないくらいポピュラーなのですが
上越方面に行くとあまり知らない人もいたり、です。

あれは黒糖をたっぷり入れて焼いたものなのですごく甘いですよね。
確かに飲み物があった方がのど通りも良く食べやすいです。
焼きたてはサクサク、時間が経つともっちり、です。
翌日はトースターで焼くとまたサクサクになるのです。
値段はどこも9本¥300から始まり、30本¥1,000円が一番高いランク?です。

あやめ園、時期でなくて残念でしたね。
6月のお祭りの時期になると園内にたっくさんのあやめが咲きます。
とってもキレイですよ~
今度お越しになる時は見られると良いですね!
2009.10.18 Sun 02:40 : URL : えちごっこ #- : 編集 :

えちごっこさんへ

ほっぽ焼き30本みましたよ!
9本、15本、30本のラインナップでした。
家族向けとかで一人で食べるのは想定してないんですかね?

あやめぽっぽ焼きは、黒砂糖はこだわりの沖縄産のものを使ってます!
と銘打ってありましたけど、そこは地元産のを使った方がいいんじゃないのか。。
とか思ってみたり。
でもきっと越後地方では砂糖は作られてないんでしょうね。
食べ方も「モチモチ派」「サクサク派」とか色々説明してありました~

あやめ祭りの方は時期だったとしても行ける時間はなかったので
とりあえず想像で楽しみたいと思います。

というか、えちごっこさんには新潟に行ってる間に
どの辺をうろうろして何をやってたかばれてそうな気がします。
2009.10.20 Tue 14:24 : URL : 管理人 #- : 編集 :

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://pumsco.blog72.fc2.com/tb.php/33-4553f7ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。